病院の話を始める聞く

病院のキホンを知っている

風邪薬を出さない病院は実在する

鼻水や咳などの症状が続き悪寒まで感じる折は、我慢することなく風邪薬を得るべく動き出します。体に何が起こっているのかを詳細に話すことによって、風邪薬が処方される確率は高いです。ところが、医師の独断や病院の方針などが関係して患者の希望通りの結果に直結しないことがあります。完治を阻害するために行われている判断ではなくて、あくまでも疾病の当事者にまつわる状況から導き出される答えにすぎません。典型的なのは、病院以外で処方された薬を常用しており一方の効能を強める可能性が否定できないからです。自然治癒力で快方に向かう事例がほとんどなので、当該決断はよく下されます。

病院で処方される風邪薬

風邪をひいたら市販の総合感冒薬を服用する人もいますが、病院で処方された風邪薬を服用する方が治りが早いと言えます。市販薬は、鼻水が出るとそれを止める、喉が痛むと痛みを鎮める、という風にその部位の症状を一時的に抑制するというものであって、風邪の諸症状を引き起こしているウイルスをやっつけるものではないからです。一方、病院で処方されるのは主に抗生物質や解熱剤であり、市販薬のように各症状を穏やかにしている間に自己治癒力でウイルスを排除するという作用ではなく、ウイルスを滅したり、熱による全身の辛さを和らげるという作用のものです。早く治るのは当然ながら、ウイルスに直接働きかける抗生物質ということになります。

↑PAGE TOP

Copyright © 病院のキホンを知っている. All rights reserved.